LOVE AND PEACE

世界平和は無理でも、自分の周りの人達に愛と平和を。

平成最後の夏終わり!

こんばんは、きよです!

今日で平成最後の夏が終わりですね。ちなみに今いるオーストラリアは冬が終わります^^皆さんは、平成最後の夏どのように過ごしましたか?

わたしが平成最後の夏にしたことを忘備録も兼ねて投稿したいと思います。

1.セブでTOEIC850点をとって語学学校卒業(7/21)

4月からの3ヶ月間の語学留学は、わたしの人生においてとても重要な期間でした。今までもずっと英語と海外は好きでしたが、ただ好きなだけでスキルとして何かを持っているわけではありませんでした。これでは仕事に就くときに、英語や海外に関わる仕事ができない、と思い証明としてTOEICの点数もあげたいと思いました。恥ずかしながら、留学申し込み当初(2017年7月頃)は最高で470点でした。しかし半年少しずつ勉強して、留学出発前に610点まで上げることができました。

語学学校にいる間は、人生の中で一番勉強しました。おかげで1ヶ月半で700点を超え、3ヶ月で850点まで到達することができました。

まだまだこれからも英語学習は続けていきたいと思いますが、3ヶ月でここまであげられたという自信を持てました。

f:id:kiyomaron333:20180831221546j:image

また英会話も毎日していたため、オーストラリアに来ても英語で話すことに対して戸惑うことはありません。分からない単語やオージーの強いアクセントには苦戦していますが、発音もセブで練習できたので割とみんなにちゃんと聞き取ってもらえています。

f:id:kiyomaron333:20180831221914j:image

わたしの行ったセブの語学留学サウスピークでは、留学中にTOEICの点数が200点以上上がった人はサウスピークレジェンドとして表彰されます。わたしもメダルをいただきました。この写真は留学で一番仲良くなった先生2人と卒業式の日に撮りました。

2.セブのオスロブでジンベイザメと泳いだ(7/23)

語学留学卒業に合わせて、日本から家族が旅行に来てくれたので一緒に観光しました。一番心に残っているのはオスロブでジンベイザメと泳いだことです。ジンベイザメと1年中ほぼ100%泳ぐことができるのは、世界でもここだけです。本当に興奮したので、セブに行こうとしている人には絶対勧めたいです。

f:id:kiyomaron333:20180831221723j:image

3.オーストラリア入国、ワーホリスタート(7/25)

コアラ園に行ったり、ミートアップや教会の英語クラスに行ったりしました。また、宿泊先のバックパッカーズで仲良くなったおじさんに博物館に連れて行ってもらったりもしました。

4.日本一時帰国(8/7〜8/21)

日本一時帰国中は家族や地元の友達、大学での友達、アメリカから遊びに来たアメリカ人ファミリーなどたくさんの人に会うことができました。お金はかかりましたが、本当に帰って良かったと思います。

5.オーストラリア再入国(8/22)

一時帰国も終わり、再入国しました。今回は気持ちの入れ替えもできて良かったです。

6.大学時代の友達とブリスベン旅行(8/29〜)


f:id:kiyomaron333:20180831223849j:image

f:id:kiyomaron333:20180831223912j:image

f:id:kiyomaron333:20180831223858j:image

サークルの同期がブリスベンまで遊びに来てくれました!!1日目はコアラ園、2日目はモートン島に行き、明日はゴールドコーストの遊園地に行きます!

ふりかえり

実はセブにいたとき、わたしはワーホリに行くことをとても躊躇していました。半年しか行くことができないし、それだったらワーホリじゃなくて海外インターンのような就活に活かせそうなことをした方が良いんじゃないか、と。また学生でワーホリに行っても、希望の職種にはつけないのではないか、と。自分に全く自信がなく、ワーホリビザの申請すらどうしようかと迷っていました。

でも、仲良くなった年上の友達が「まだ若いんだから失敗しても次があるし、やりたいと思ったときにやったほうが良い」と後押ししてくれました。オーストラリアに来てみて不安もたくさんありますし、一時帰国を既に一回しましたが、でもやっぱりずっと夢だったオーストラリアに来れて本当に良かったし幸せだと思います。

できなかったことではなく、できたことを見よう

これは、セブで悩んでいるときに友達がかけてくれた言葉です。確かにできないこと、できなかったこともあるだろうけど、それだけじゃないよね、ということです。

わたしの場合、留学して英語を勉強したいと言っていたのをセブでできました。今までにできたことや今できていることを考えてみると、自分の将来像に少しずつ向かっていっているのを感じることができます。

できなかったと思っていても、大抵のことは、これからでもしようと思えばできます。だから出来なかったことに目を向けすぎて、悲観的にならないでほしいです。私もそのように考えてすごく悲しくなってしまった人なので、そう考えてしまうのはとてもよく分かります。でも、それでは負のループにはまってしまうし、プラスのエネルギーにはなりません。

これは自分にも言い聞かせているのですが、やはり人生をウキウキして生きるにはプラスのエネルギーが必要です。

何が出来なかったではなく、何が出来たか。

何をしなければいけないかではなく、何をしたいか。

ちょっとした考え方の違いでエネルギーも変わっていくと思います。平成最後の夏はあとほんと少しで終わります。でも2018年はあと半年で終わってしまうし、同じ時間は2度と戻ってきません。それを悲観的にとらえるのではなくて楽観的、プラス思考で捉えることで、"人生をいつでも楽しむ"ということができるかもしれません。いつでも楽しそうな人って幸せそうではありませんか?私はそういう人になりたいです。だから割とすぐにネガティブになりやすい私は、意識的にプラス思考にしようとしています。

まとめ

何を言いたいのかというと、人生楽しもう!ということです。最後の○○は平成最後の夏に限ったことではありません。いつでも1度だけしか訪れない時間ですし、もしかしたら明日、地球が滅亡してしまうかとしれません。

明日世界が終わってしまうとしても、後悔をしない生活ができたらいいなと思います。

来月からもよろしくお願いします!

ブリスベン発着のデイツアーに参加するなら世界遺産はいかが?

こんにちは、きよです^^

先日、ブリスベン発着の日帰りツアーに参加してきました。行き先は、ラミントン国立公園という世界遺産にも登録されている場所です!!

ということで、早速ツアーの流れや内容を紹介したいと思います。

ツアーの1日の流れ

7:35 ホテル前集合

このツアーはなんと、主要ホテル送迎付き!予約時にたくさんある候補地から選べます。お迎え用のバンは7:40頃到着しました。

8:20頃 Roma stationにて受付

この際に、自分の予約確認表を提示するか名前を伝えます。そして、呼ばれるまでは椅子に座って待機です。

8:45 ゴールドコーストに向けて出発

再び車にバンに乗り、ゴールドコーストまで移動します。

9:45頃 ゴールドコーストからのツアー参加者と合流して一台のバンへ

バンはこんな感じのサイズで、既にゴールドコーストからのお客さんが乗っていたので1人席ばかり残ってました。


f:id:kiyomaron333:20180830052916j:image

f:id:kiyomaron333:20180830052925j:image

10:00 マウントタンボリン

Mount Tambourineというビレッジに立ち寄ります。ここにはワイナリーや可愛いお土産やさん、ファッジ屋さんがありました。


f:id:kiyomaron333:20180829225759j:image

f:id:kiyomaron333:20180829225749j:image

こちらはドイツの時計屋さんです。


f:id:kiyomaron333:20180829225916j:image

f:id:kiyomaron333:20180829225932j:image

f:id:kiyomaron333:20180829225945j:image

まるで、ピノキオの世界のようでとても可愛かったです。

11:10 展望スポットへ

空気が澄んでいて気持ちよかったです。
f:id:kiyomaron333:20180829082235j:image

数分、展望スポットでの撮影を終えると、いよいよ国立公園に近づいていきます。野生のワラビーも見ることができました!!こっちめっちゃ見てた!笑
f:id:kiyomaron333:20180829082100j:image

12:20頃 ブーヨンウォーク到着

国立公園の森林を通っていくと、ブーヨンウォークというハイキングができるところに辿り着きます。またここにはレストランやお土産ショップ、インコたちに餌をあげられる所があります。標高も高いので、とても涼しいです。(むしろ寒い…!笑)

それではハイキングしていきます!
f:id:kiyomaron333:20180829081815j:image

ブーヨンウォークを進むと、まずはじめに待っていてくれたのはこの綺麗な色をした鳥。野生とは思えません。美しかったです。
f:id:kiyomaron333:20180829081827j:image

ちなみに今回のツアー参加者は15名ほどだったのですが、ほかに日本人はいなく、台湾、韓国、香港は1組ずつくらい、オーストラリアや欧米からが数組でした。また、運転手兼ガイドさんは日本語もぺらぺらのオーストラリア人男性でした。


f:id:kiyomaron333:20180830052258j:image

f:id:kiyomaron333:20180830052317j:image

こんな感じの人が歩くための通路が整備されているところもあります。
f:id:kiyomaron333:20180829082154j:image

途中に吊り橋チックな橋があります。
f:id:kiyomaron333:20180829082248j:image

渡っていくんですが揺れる揺れる〜!実は弱高所恐怖症なのでだいぶ怖かったです(笑)さっき1区間6人までって書いてあったのにみんなズンズン進んでたから絶対6人以上いました笑笑

でも橋の上から遠くを眺めると、猿とか鳥になった気分でした^^
f:id:kiyomaron333:20180829082001j:image

ちなみにこの橋の途中にtree top walkという所があって、木の上までハシゴを登って行けるみたいなので行ってみたい人はぜひ♪そのツアーのときは誰も登りませんでした笑

f:id:kiyomaron333:20180830053244j:image

この橋を渡りきると、小休憩があって、その後少し歩くと自由行動になります。レストランでのランチを予約している人は今回は13:10までにレストランに行くようにとのことでした。私はランチなしコースで行ったのでもう少しゆっくりしました。

カフェにてランチ

カフェではハンバーガー(フライドポテトもセット)やサンドイッチ、ケーキなども売っていました。わたしはスモークサーモンのサンドイッチを購入しました。お願いしたら焼いてもらえました^^

14:40頃 カフェを出てぶらぶら

カフェは14:30で閉まるので、カフェを後にし、お土産やさんに行きました。すぐ隣にあります。

その後バードフィーディングコーナーに行ってみると、わりとカオスなんですよね笑

インコだらけです(笑)わたしは餌買わなかったのですが、優しいおじさんが写真撮る?って言って餌を貸してくれました。餌は通常4$か5$で、このツアーに参加した人は1$で買えます。

f:id:kiyomaron333:20180830054507j:image

この写真、よく見ると後ろの家族、親子揃って頭に鳥が乗ってます笑

15:00 国立公園出発

そろそろ旅の終わりも近づいてきました。帰り道の途中にも、素晴らしい景色を見ることができました。空の色は澄んでいるし、空気がおいしすぎました。
f:id:kiyomaron333:20180829081900j:image

道を走ると、ほんとにすぐそこにワラビーがいるんです。感動しました。ワラビーがいると運転手さんが止まってくれます。
f:id:kiyomaron333:20180829082223j:image

また、親子ワラビーも見ることができました!可愛かった!!
f:id:kiyomaron333:20180829082407j:image

17:00頃 ゴールドコースト

ここでブリスベン組は、またバンを降りて車を乗り換えます。

18:00頃 ブリスベン

宿の目の前まで送ってくれます。ありがたや。

国立公園ツアーの概要

利用したツアー会社は、JPT tours。

ホームページのリンクはこちらです。日本語版もあるみたいです。ちなみにここのツアー、日本語対応もあります。

Gold Coast, Brisbane, Byron Bay Day Tours | JPT TOUR GROUP

ツアー参加費はランチなしが89AU$、ランチ付きツアーが110AU$くらいでした。値段の確認しにホームページを見に行ったらランチなし110$、ランチ付き140$と書いてありました。日によって料金も変わるみたいです。

また、こちらのツアーはブリスベン発、ゴールドコースト発、どちらもありました。ゴールドコースト発の方が、集合時間が1時間ほど遅いです笑

ツアーの感想

実はこのツアー、もう少しもその前日の深夜1時頃、つまり当日に申し込んだのです。(笑)本当は行く予定がなかったのですが、宿で話していた日本人と仲良くなって、流れで一緒に参加させてもらうことになりました。

観光や旅行ほもちろん好きなのですが、1人でいると割と近場だけ行ってしまう傾向があるので、出かける人に出会えて良かったです。

自然に囲まれて癒された一日でした。日常に疲れたという人やアクティブすぎるのはちょっと、という人にはおススメです。ハイキングといっても30分くらいの緩やかなコースです。また、オーストラリアの冬(日本が夏の時期)に行く場合、昼間でも結構寒いので上着ヒートテックなどを着ていく、あるいは持って行くと良いかと思います。